傷跡治療とは

やけど傷跡治療とは、怪我や火傷などを負って、皮膚に残ってしまった傷跡を目立たないように治療することをいいます。傷には自然に消えるものと、いつまでも消えないものがあります。その違いはどういったところなのでしょうか。

皮膚というのは表面から、表皮、真皮、皮下組織と3つの層からできています。表皮は活発に新陳代謝を繰り返しており、4週間程度で細胞が入れ替わります。表皮の一番下にある層で生まれた細胞は、だんだんと表面に押しあがってくることで角質層になり、垢にになって剥がれ落ちます。そのため、表皮に達する程度の浅い傷の場合は新陳代謝によって元の状態に復元できるのです。また、真皮においてはコラーゲンが主成分となっており、代謝のサイクルは2年から6年と非常にゆっくりと行われます。コラーゲンは年を取るごとに新しく作られることがなくなるので、表皮より深い部分に傷が達してしまうと、跡が残ってしまいます

深い傷がついてしまった場合、新陳代謝での細胞の入れ替わりを待っていると、完治するまでにはかなりの年数がかかってしまいます。皮膚は傷口を早く塞ごうとして、皮膚よりも白い色のタンパク質でできた肉芽組織細胞を増殖させるため、その部分の皮膚だけが白くなってしまいます。白くなってしまうと、元の組織に戻すことはできなくなってしまいます
そうならないように、またはそうなってしまった傷跡を、それぞれに合った有効な方法を選択し治療していくのが傷跡治療です。

Pocket